読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

脱出系ゲームのレポートや日々の戯れ言を綴るブログ。

東京リアル脱出ゲーム vol.8 「あるドームからの脱出」 〜謎のドームと不思議な紋章〜 参加レポート

5月7日(土) 12:30開場、13:30開演のリアル脱出ゲームvol.8「あるドームからの脱出」*1に参加してきました。
既に全公演が終了して数日経っています。最近はレポートや感想をBlogやSNS等に書く人も随分と増えてきたみたいですね。pixivで漫画をあげている人もいるくらいですし。(→あるドームからの脱出(全ページ) #realdgame [1]) ゲームの参加者が増えたこと(今回は1,000人×10公演で10,000人弱)にも起因すると思いますが。良い傾向かと。

まぁそれはさておき今回もレポートを書かせてもらいました。今回は残念ながら謎系の写真が少なめです。ゲーム参加中はこまめに写真を撮っている時間がないのは参加者の皆さんならご存じだと思いますが、今回はスタッフ参加中もあまり時間が取れなかったのでちょっと寂しいレポートになるかもしれませんがお付き合いいただければ。

以下、いつも通りの注意事項から。コメントもお待ちしています。


※注意※

  • 曖昧な記憶のまま書いているので、一部内容が実際と異なるかもしれないけどご了承を。
  • 以下の文章には謎解きに関するネタバレが含まれています。公演によってはリバイバルがある可能性もありますので読む場合は自己責任でお願いします。
  • レポート中に掲載されている本イベントに関する謎・文章その他の著作権は恐らくSCRAPに帰属しています。たぶん。

◆その他レポートはこちら




謎のドームと不思議な紋章

そのドームには、太古の昔から受け継がれてきた不思議な紋章があるという。
いいつたえでは、紋章をすべて集めたとき、新たな扉が開くという。

広大な敷地、白い屋根、複雑な階層。
そして、いたるところに仕掛けられた不思議な暗号。

あなたは、この迷路のようなドームを抜け出して、すべての謎を解き明かし、脱出することが出来るだろうか

内容変更

今回は3月11日の震災の関係もあり当初予定していた4月の公演は全て中止。また使う謎も含め、公演の内容自体も急遽変更して開催されたようです。震災から早くも2ヶ月ですね。一日も早い復興をお祈りします。そしてイベント制作者の皆さん本当にお疲れさまです。

よろしくない事ですが…

購入したチケットが余ってしまったため、今回はmixiのコミュニティで譲ることにしました。記載したのが直前だったのと、定価で指定して結局引き取り手がつかなかった場合に使われずに終わってしまうのが勿体なかったので0円で譲りました。幸い引き取り手が見つかったので良かったですが、次回からは気をつけないといけないですね。譲った皆さんには楽しんでもらえたようなので、是非また次回友達を連れて参加して欲しいものです。

入場

譲ったチケットを確実に渡すために関係者入り口のスタッフにチケットを預けつつ雑談しながら待つ。どうも自分がSCRAPのイベントに参加 or スタッフ参加する時には雨が降ることが多いらしく、実際自分が参加した7日もGW期間中唯一の雨模様。でも前回の神宮球場と違って屋根があるから心配なし!ちょっと傘を持っての移動が心配だけど大丈夫だろう。



※上の写真は翌日に撮影したものです。こんなにも綺麗に晴れやがって…。


22番ゲートにて1人ずつ荷物チェックの後、回転扉を通って入場。いつもならばここで茶色い封筒を渡されて「ゲーム開始まで封筒は開けないでくださーい。」と注意をされるはずが今回はその台詞が聞こえない。渡されたのは折りたたまれた1枚の解答用紙。なんだか随分と立派な紙になったなぁ…。

正面では今回作ったリアル脱出ゲームオフィシャルグッズの販売ブースが。早速知り合いのスタッフに絡まれまくるw バインダーは確かに便利だけど結局最後まで買わずに終わってしまった。ゴメンよ…。
オフィシャルグッズの詳細はリアル脱出ゲームのホームページを見てください。会場以外では販売の予定はないみたいですが。(リアル脱出ゲーム OFFICIAL WEB SITE » Blog Archive » 「あるドームからの脱出」グッズ販売のお知らせ!!!)

客席へ

客席へ移動するとそこはバックネット裏。BGMはいつもの音楽。そういえば東京ドームは初めて入ったかもしれない。ぱっと見ると広いんだか狭いんだかよく判らないなぁ。テレビで見た感覚と比べると若干狭いんだろうか。



いつもの音楽なんだけどね

何故か合間に森永のチョコモナカジャンボとICE BOXのCMが電光掲示板&場内放送で流れてた。えっと、今回は森永とコラボしてるんだっけ…?今回は急に内容が変わったから協賛でも増えたのかな??何回もパリパリ〜♪って連呼されるから脳内に響いちゃって響いちゃってw Youtubeで探してきたので、まぁ聞いてやってくださいw

ひとまず席で解答用紙を確認。表はいつも通りの注意事項とヒント。内側は東京ドームの地図。所々に数字とひらがなが書いてある。裏面上部には6つの★と5つの□。A〜Eの解答を記入すると思われる枠と5×5のマトリックス。何となくやることは見えた。


【ヒント】
 このドームは幾多の戦いを見守り、長きに渡ってエンターテイメントの拠点として君臨してきました。
 その中で生まれた勇者たちを奉っています。そんな勇者たちに負けないように、どうぞ正々堂々とナゾトキをお楽しみください。





地図上にはA〜Eの記載はないから、ひとまず「数字&ひらがな」が振られている場所をまわってみれば良いかな。ぱっと見たところ、グラウンドの上にはヒントらしいものは見当たらないけど。それにしても凄く広そうだ…。

加藤さん登場

いつも通りのルール説明とか(とか?)が始まる。

【ルールとか】
 ・会場にあるものは触る必要はない。
 ・細心の注意で「早歩き」
 ・会場は凄く広い。なんと東京ドーム1個分の広さ。 ←ほぼ鉄板のネタでした。
 ・最後の扉を指し示すものを見つけ出せ。
 ・謎が解けたら解答照合所へ。
 ・制限時間は60分。



ゲームスタート前にちょっとしたドームにまつわるエピソード。

 加藤さん:この場所は昔から戦いの場所でした。多くの勝負が行われてきました。
      そして歴代の勇者が外野の柱にユニフォームとして奉られています。
      あそこに奉られているのは永久欠番です。


      どうぞ皆さんのあの勇者のように戦い、すべての謎を解き明かし、
      このドームから脱出してください。



ゲームスタート!

開始と同時に電光掲示板にA〜Eとグラウンドに降りてからのヒントが。こんなに一度に表示されるとは思ってなかったからちょっとだけ意外。



知り合い(4人チーム)に混ぜてもらい合計5人で挑戦。2人と3人に分かれて情報収集。グラウンドに降りられるのは随分と後になってからだろうからまずはA〜Eのヒントを探しにドーム内を移動。解答照合所の場所(↓)を確認しつつ、中央のV字階段の下へ。写真はまだスタッフがスタンバイする前なのでガラガラ。



脱出ゲーム中は開いていなかったけど、博物館(Giants Museum)の前に早速Cのヒントを発見。そういえば今回はリアル脱出ゲームに関係するパネルにはしっかりロゴを入れるようにしてくれたみたいだ。たまに元からあるパネルなのか、脱出ゲームのパネルなのかが判らない時があったからね。



これは…。数字は7文字。解答用紙のマスの数も7マスだからそのままで良いんだろうか。ひとまずメモだけ取って2Fへ移動。地図上で「1か」と書かれた場所(最初の入り口付近)に行ってみたけど、やっぱりグラウンドと同じようにヒントらしきものは見当たらない。どうやら地図上の数字の場所に何かあるわけではなさそう。

今度はBのヒントをゲットすべく赤い階段で2Fから1F1塁側に移動。移動中にさっきのCの答えが閃いた。地図上には「数字&ひらがな」の組み合わせが書かれてた。それぞれこんな感じ。

 1:か 2:ね 3:う 4:こ 5:ま 6:く 7:さ 8:だ 9:は

これらの情報を元にさっきの数字(9286343)を読むと「はねだくうこう」になる。
2Fから1Fに降りる途中、見てみると3Fへのぼる階段がスタッフによって封鎖されてた。中央には立て看板が置かれていてこんな感じの文章が。

 4階への階段。×4つで通ることが出来る。

階段を塞いでいたスタッフが知り合いだったので悪ふざけで通ろうと思ったらしっかりと怒られたお(´・ω・`)  ×って何だろう?地図中にいくつか×が書かれているけど、これは通行止めだし…。

Bのヒント

1Fの端に行くとそこには喫煙所が。そしてこんなパネルが張ってあった。



はて。ひとまず縦にも横にも読めそうにない。同じ文字数だけ飛ばして空いているところに文字を埋めようとしてもうまくいかない。Bのヒントは「1階の両端。」だったから、もしかしたら3塁側にも同じようなパネルがあるのかもしれない。撮った写真を携帯で送りつつ、分かれた仲間の情報を得るためにV字階段下へ集合。

メンバーと集合してみると、どうやら3塁側にもやっぱり同じようなパネルがあったらしい。3塁側のパネルはこんなの。



2つのパネルを組み合わせて、右から縦読みすると「かみこつぷにいとをつけておはなし」→「紙コップに糸を付けてお話」。つまり「いとでんわ」になる。

Aのヒント

合流する途中、Aのエキストラシートのヒントも集めてきてくれていた。

【1塁側】 □=た ○=ー △=す ◇=ど ▽=か ◎=ま
【3塁側】 A◎△□○◇

下の写真は1塁側一番手前のパネルを近くから撮影したものです。



これは単純に記号とひらがなを当てはめれば良いだけ。答えは「ますたーど」。ちなみに「▽=か」はダミーの情報だったそうで。これが無いと、3塁側の情報をゲットしなくても何となく勘でアナグラムを解けてしまうので。
実際に自分が解答照合所でチェックをしている時に「かすたーど」って書いて確認しに来る人が結構いましたね。あとは「エキストラ」が多かったかな。ヒントが置いてあった場所が「エキストラシート」だったので、実際にパネルを確認しに行かずに答えを書いたんだと思われます。

×印

ここまで解けたところで20分近くが経過していたかな。ひとまず解けた分を解答照合所でチェックしてもらうと、解答用紙上の□の部分に×印を付けてもらえた。なるほど。4つ正解すると4Fに行けるようになるのか。となるとEは4Fに行かないと解けない問題だから残りはD一つ。



停滞

残り1つなんだけど、どうしても「はためくものの裏」が判らない。普通「はためくもの」と言ったら「旗」なんだけど、ぱっと見てもそれっぽいものが見つからない。仕方が無いのでまた二手に分かれてドーム内を延々と歩き回る。そしてようやくバックネット裏に掲げられていた1枚の旗らしきものに気がつく。



この小さく四角く写っているものです。俺は視力が結構悪いのと神宮球場でやった「あるスタジアムからの脱出」の経験から、あの位置にあるものはある程度謎解きが進んでからでないと確認が出来ないんだろうと勝手に思い込んでしまっていたためにノーチェックでした。これまでの経験が完全に裏目に出る形に。

外野まで急いで移動。近づいてみると確かに人が沢山集まって旗の裏を確認している。やっぱりココだったか。もう少しで旗の裏が見えるところまで来た時にメンバーから電話が。どうやらDの問題を確認し終わったらしい。

 入る時に受けるもの。
 子供の歯。

うん。「にゅうし」(入試、乳歯)ですね!

ようやく4Fへ

やっと×が4つ揃い封鎖されていた階段が通れるように。この時点で既にたくさんの人がグラウンドに降りていた。神宮の時のようにかなり出遅れている予感。やばい。
まだ探索していない範囲は3Fと4Fなのでそれぞれ1塁側・3塁側と3F・4Fに分担して探索を開始…しようと思ったんだけど、3Fは地図には記載があったけどどうやらコンコースには出られないらしい。そのままスルーして4Fへ。

Dのヒントにあった11枚のパネルを探す。

えっと、パネルの写真を撮り忘れました…orz 実際にはA0サイズくらいの白いパネルが4Fに11枚張ってあって、それぞれ1〜2文字くらいの文字が書かれてました。俺は1塁側から順番にパネルの文字を拾っていった。ちょうど中間辺りで3塁側から同じように文字を拾っていたメンバーと合流。2つを繋げ合わせてみると

 ヨチコナカのあつづくのは?

何だかとても文字数が足りていないような気がする。確か4F中央にあるカフェ(?)の前にやたらと人が集まっていて店の中を覗いていた。そこにも何かヒントがあるんだろうか…。

ん?ちょっと待てよ。最初のカタカナの部分ってちょっと文字が少ないけど「チョコモナカ」じゃないか?で後ろが「後に続くのは?」な気がする。そういえばゲームスタートを待っている間にやたらと森永チョコモナカジャンボのCMがループしてた!あれもヒントだったのか!!




まぁ買いますよねw 一部のコンビニではゲーム後に品切れになったとかww

 チョコモナカの後に続くのは? →「ジャンボ」

グラウンドへ

ようやく×が5つ集まり1塁側のオレンジ色の階段へ移動。Dの問題を探すために随分と時間を使ってしまったため、この時点で既に残り時間は20分弱。



途中スタッフが道を塞いでいたけど既に5つの×を集めているから問題なし!一気に階段を(駆けずに)降りてグラウンドへ! グラウンドでまず最初にやるべき事はゲーム開始と共に電光掲示板に表示されていた3つの謎を解くこと。

 ○グラウンド
 ・ベンチの椅子の裏
 ・ベンチの天井
 ・日本アンテナの奥

これらの場所自体は全く捻られてはいないので、再び二手に分かれて情報収集。俺らは3塁側ベンチ&1塁側ベンチへ猛ダッシュ。たぶんグラウンドは広いから走っても大丈夫なんだよと勝手に判断。何となく神宮球場でグラウンドに降りた時ほどの感動はなかった気がするなぁ…。それよりも時間に追われてたから気にならなかっただけかも。




ベンチでゲットできた情報は上の2つ。「穴を読め」の指示がよく判らないけど、「右下から反時計回りに読め」っていうのは恐らく解答用紙の5×5マスを意味しているんだろう。



A〜Eの答えを埋めて、現状マトリックスはこんな感じ。試しに右下から読んでみると「すねたんーにはどゆ…」 …うん、絶対に違う(汗

もう一つの情報

東京ドームに詳しい仲間が「日本アンテナの奥」のヒントを写メしてきてくれた。俺は「日本アンテナ」の位置すら判らなかったけど。日本アンテナの裏にはこんな図形があったらしい。



何じゃこりゃ。
この図形が指し示すもの。実はそれはゲーム開始前から自分たちの目の前に大きく掲示されていた。東京ドームに頻繁に来る人なら気がつきやすかったのかもしれない。



そう、東京ドームの天井。ドームの天井は格子状のようになっている。写真は上下が逆転してしまっているので少し判りづらいけど、ちょうど中心部分がこの図形が示す形と一致する。黒枠に白い○はたぶん天井からぶら下がっているマイク(or カメラ?)を指し示しているんだろう。そして5×5のマスの中には9個の穴が。この穴がある場所をマトリックスに当てはめ、右下から順番に文字を読んでいくと…。


スターは勇者だ

「スター」とは一体何か。そして「勇者」とは誰のことなのか。
1塁側ベンチ前に陣取り芝生に座って考えを巡らせる。謎解き用に持ち歩いているノートに汗が滴り落ちる。めちゃくちゃ走って汗だくだったし。終了まで残り15分ほど。スターって言うと何かのヒーローか?悶々と考えているとふとメンバーに閃きが。探しているものは手の中にあった。そう、解答用紙の上部にスター(★)を発見!そのものずばりだけど、まず間違いないだろう。




残りは勇者。初心に戻り解答用紙内にくまなく目を通す。表に書いてあったヒントに勇者って言葉があったけどまだ使っていない。しかも最初に加藤さんが話したエピソードにも「勇者が外野に奉られている」って言っていた!
外野には6人の永久欠番の背番号がユニフォームと共に飾られ、そして解答用紙の上部のスターもちょうど6つ。「勇者=永久欠番」に違いない!




×印?

★に数字を入れてみたら、今までA〜E問題を正解する毎にもらっていた×印が他のマークに見えてきた。そう乗算(掛け算)の記号だ。



慌てて携帯電話を取りだし震える手で計算を実施。「14×4×16×32×3×1」=「91,392」 何だか間違えていそうで2回、3回と同じ計算を繰り返した。きっとこの数字の暗号を解ければ脱出成功に違いない。
迫る残り時間というプレッシャー。さぁ考えろっ!!

91,392

まず真っ先にやったのは5×5マスの数字との照らし合わせ。「91392」の順に文字を拾うと「んゆうんじ」。「じゅんうん」と読めなくもなさそうだけど、そんな名前の選手いただろうか…。次に考えたのがCの問題を解く時に使った地図上に書かれていた「数字&ひらがな」との照らし合わせ。こっちも同じように文字を拾うと「はかうはね」。やっぱりアナグラムのようだけど読める文章にならない。

両方とも使って10文字のアナグラムだとしても言葉にはなりそうにない。どうする…

移動

もう殆ど時間が無い。
ふと1塁側の外野を見ると、長嶋茂雄の看板の下にぞろぞろと参加者が集まっているのが見える。あそこが最後の場所なんだろうか。場所が随分と曖昧な気がする加藤さんが言っていた扉らしきものも見当たらない。それに何より「周辺でスタッフが仕切っていない」。完全に駄目な判断だけど、あそこはきっと間違っている。

ミスターの看板下に集まった人達は後にスタッフの間で「Mr.Children」と呼ばれるようになるのですが、それはまた別の話。


じっとしていても仕方が無いし、恐らくグラウンドには最後の扉はないと判断して移動を開始。ひとまず一度も使っていない永久欠番の「選手パネル」がある1Fへ移動してみる。いつの間にか会場には終了10分前のBGMが。いよいよ時間が無くなってきた。

まさかのヒント!?

選手パネルの前。相変わらず多くの人が写真を撮ったり悩んだりしている。そんな時、一人のスタッフ(というかSCRAP東京事務所のボスであるK女史)に話しかけられる。

 女史:やっほー。何処まで進んだの−?
 俺 :ここです。(ノートに書いた掛け算の計算結果91,392を見せる。)
 女史:あぁ、そこまで出来てるならココはもう関係ないよ。
 俺 :えっ?
 女史:もう持ってる情報だけで脱出出来るよ。
 俺 :えっえっ??

姐さん。それ軽いヒントでは(汗 まぁそんなに致命的(?)ではなかったので気にしないとして、今までに入手してた情報に全神経を集中する。

「指し示すもの」

それは自分の手の中にありました。なにがきっかけで閃いたのかは覚えていません。これまでの経験があったからこそ気がついたのかもしれない。ふと開いていたドームの地図上の91,392をその順番に目で追ってみた。線は引いていなかったけど。その図形が見えた時には思わず震えました。



×4つがないと通れなかった階段。そして何故か3Fがなく4Fにしか移動が出来なかった階段。「指し示すもの」はそのちょうどその3階部分を示していました。はやる気持ちを抑え、早歩きというかこの時はもう殆ど普通に走ってしまっていたかもしれないけど夢中で矢印が示す場所に向かいました。

脱出成功

そこにあった扉の前にはやはり既に見知った顔のスタッフ。地図上に書いた矢印を見せると、通れないと思っていた扉の向こうへ。間違いなく脱出成功!時間は終了2分ほど前。扉に入った後、思わず膝から崩れ落ちました。

脱出成功者が通されたのは東京ドーム3階にあるプレミアムラウンジ。ソファーやテレビが置いてある個室、窓の外にはドーム内を一望できる観客席。とてもレアな場所に入ったんだろうけど、ずっと放心状態でした…。



感想

とにかくめちゃくちゃ移動しまくって凄く疲れたゲームでした。でも最後の矢印に気がついた時の高揚感は格別だったし、脱出出来た時はとても嬉しかったです。脱出後はしばらくの間放心状態でしたが…。突然の災害で色々と大変だったかと思いますが、SCRAPの皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。本当にお疲れさまでした。

あ、自分が参加した回では聞かなかった加藤さんの脱出失敗者に対する「ざまぁみろ」はなかなか被ダメが大きかったようですねw (音響の関係でVIPルームでは聞こえなかっただけかもしれませんが。)

おまけ:スタッフ

脱出ゲーム参加後、その日は普通に帰るつもりだったんだけど、そのままスタッフとして拉致られ7日の残り2公演はスタッフをしていました。やったのはクローク、客入れ時の観客席での誘導、解答照合所のチェックとグラウンドに下りる階段の前の整理、脱出口の混雑対応などです。最終日(8日)の全公演も同じ仕事をしていたのでもしかしたらお会いした人もいるかもしれません。

ちなみに明けの9日(月)、電車を降りて階段を駆け下りるサラリーマンを見て「走らないでくださーい。」と言いかけてしまったのは秘密です。割と本気で出そうになりました(汗

「あるドームからの脱出」は終わりましたが、既に次、その次の公演と発表されていますね。この勢いは何処まで続くのでしょうか。自分はこれからもしばらくの間は参加者として、そしてスタッフとして楽しませてもらおうと思っています。

ではまた次の舞台で。