読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

脱出系ゲームのレポートや日々の戯れ言を綴るブログ。

東京リアル脱出ゲーム vol.6 「夜の遊園地からの脱出」 参加レポート

東京リアル脱出ゲームシリーズvol.6「夜の遊園地からの脱出」*1に9月18日(土)に参加してきました。全公演が終了しましたので、いつも通り(特に目新しさのない・・・)レポートを上げたいと思います。感想、コメントもお待ちしてます!


※注意※

  • 曖昧な記憶のまま書いているので、一部内容が実際と異なるかもしれないけどご了承を。
  • 以下の文章には謎解きに関するネタバレが含まれています。公演によって再公演がある可能性もありますので読む場合は自己責任でお願いします。
  • レポート中に掲載されている本イベントに関する謎・文章その他の著作権は恐らくSCRAPに帰属しています。たぶん。

◆その他レポートはこちら




謎は夜に解き明かされる


回らないメリーゴーランド。
ジェットコースターは動きを止め、観覧車はただ静かに鎮座する。
誰もいない遊園地。
しかし出口はどこにもない。
あなたはこの広大な夢の世界に閉じ込められてしまった。


リアル脱出ゲーム史上最大規模でお送りする、夜のミステリーイベント!
最大にして最高傑作!
謎の遊園地へようこそ!

前準備

事前にtwitterの#realdgameを漁っていたところ、色々と持って行った方がいいアイテム(ライト・クリップボード・コピー用紙・油性ペン・方眼用紙 etc.)が書かれていたんだけど、出来るだけオリジナルの条件で楽しむためにライト(富士登山の時に使ったヘッドライトw)だけ持って行くことにしました。(目が悪くて暗くなると極端に見えにくくなるので・・・。)

実物とは違うけど見た目的にはこんなのw

下見

今回は遊園地という広大な敷地を使っての脱出ゲーム。
以前(と言ってもまだ2ヶ月前か・・・)に参加した「夜の学校からの脱出」でも京都国際マンガミュージアム内をかなり歩き回ったがその比じゃない。平坦じゃないし。と言うことで、脱出ゲーム開始前に下見を敢行。「出来るだけオリジナルの条件で楽しみたいって言ってたじゃない。」という突っ込みは受け付けておりませんw

電車で横浜〜京王よみうりランドまで移動したんだけど、アクセスの悪さに絶望した。そして京王よみうりランド駅前の閑散っぷりに唖然。さらにゴンドラ乗り場の捕捉に失敗しバスで遊園地に向かいました・・・。

15時過ぎ(ゲーム開始4時間前)によみうりランド入口前に到着。ここで選択肢が2つ。

A:園内の様子を把握するのが目的なので入場券(1,200円)だけ買う。
B:せっかくだからワンデーパス(脱出ゲームチケット特典で2,500円)を買う。

うーん。やっぱり本来の目的を果たすためには入場料のみにすべきか。17時の閉園まで2時間足らずしかないし。でも遊園地に来て何もアトラクションに乗らないって言うのもなー。2回ジェットコースターに乗れば元取れるし。ただ乗るとしても一人なんだけどww などと考えた結果、大人しく入場料のみ買うことにしました。金をケチった訳じゃないよ!

先行入園

周りは当然のように親子連れや友達同士で遊びに来たっぽい団体ばかり。たまーにソレ(脱出ゲーム参加者)っぽい個人行動をしている人もいるけど、俺から見ても明らかに不審者にしか見えないw ガイドマップを元に脱出ゲームで使いそうな範囲をアトラクションの名前を確認しながらくまなく歩き回ってみる。

      



<<30分後>>


歩き終わっちゃった・・・orz 現在時刻15時30分。まだ閉園まで1時間半近くあるけどやることがないよー。暇だよ−。やっぱりワンデーパス買っておけば良かった・・・。仕方なく暇つぶしにTwitterのTLを確認しているとこんなtweetが。




・・・え?さっき散々悩んだ結果1,200円払って入場券買ったんですけど。記憶によるとワンデーパスが安くなるだけで、入園するにはお金が必要だった気がっ!




/(^o^)\ナンテコッタイ
散々悩んだ結果がこれかよ!今からじゃ払い戻しなんて無理だろうなぁ・・・。しかも結構恥ずかしいし。でも1,200円は安くないよなー。うーん。


・・・数分考えた結果、払い戻してもらいましたw 入口のお姉さんに恥を承知の上で話をしたところ、レシートと半券があれば返金できるとのことだったので。ゲーム開始前から何やってるんだろう俺w
その後、修学旅行生と遭遇したり会社の同期と合流したりしつつ、18時の再入場時間を待つのでした。



入園開始

18時ちょっと前に最後のメンバーと合流して総勢6名(うち3人は初参加)に。入口前にちらほら出来はじめた入場待機列を全力で無視し空いたところで俺らも入場。入場の順番は謎解きにはほとんど影響ないしね。常連(?)の余裕ってヤツでしょうか。
入場するとA3サイズくらいの茶色い封筒を渡された。口の部分はホッチキスで留められていて謎解き開始まで開けちゃいけないそうだ。表裏をくまなく読みながら早速ヒントの文章を発見。

この不思議な夜の遊園地では、太陽と月の真ん中には
大切な物が隠されているという言い伝えがあります。
どうぞ、注意深く探してください。探しているものは意外と近くにあるものですよ。

ふむふむ。太陽と月とな?裏に月のマークが書かれてはいるけど関係は無さそう。太陽も何処にあるのやら。なんて考えながらステージに移動している最中にオープンシアターへの誘導をしているウォーリー発見。
結局バールのような物は持ち込まなかったので軽く挨拶だけして移動。あの姉妹は鈍器のようなものを持ち込んだんだろうか・・・w (このあたりは完全に内輪の話なので判らない人はスルーでお願いします。) 集合場所周辺にも顔見知りのスタッフが。何だか不思議な感じ。

ルール説明とか

オープンシアターで30分ほど待った後、ようやくステージにSCRAP加藤さん登場。今回のルール説明が開始される。




【脱出ゲームルール】
 ・制限時間は90分
 ・走らない、入らない、動かさない。「HHU」です。
 ・走るなら細心の注意を払って走って。
 ・一人で参加すると少しキツイかも。
 ・開始60分後に「太陽の広場」でヒントを出します。初歩的なヒントなので謎解きが進んでいる人には不要。

一人で来た人はこの場所(イーストシアター)をルイーダの酒場的な場所(イメージ伝わります・・・よね?)にするから、脱出ゲーム開始後、ここで仲間を見つけてみてだって。
ちなみにサンバイザーを着けているのがスタッフらしい。「しょんぼりしたことがあったら話しかけて」ともw そんな冗談も交えつつ、リアル脱出ゲーム開始!

謎解きスタート

開始と同時に一斉に茶封筒を開け始める参加者達。中身を確認すると・・・。

 ・問題用紙
 ・メモ用紙
 ・よみうりランドのマップ
 ・いつもの筆記用具

   問題用紙  ガイドマップ

と意外と少ない。上記以外にアンケート用紙が入っていたけどそれは謎解きとは関係なし(加藤さん談)。ひとまず謎解きに関係しそうなのは問題用紙1つだけ。しかも8つくらいの問題と記号がちょっと書かれている程度。ふむ、いきなり行き詰まりそうで若干不安だけどまずは8つ書かれた問題に6人で着手。

1.白い谷。奥の奥。
2.二つ合わすとヒューストン。
3.巨大なランドドッグのおしりの先。
4.ぐるぐるまわる。ただひとつの光。
5.40分後にステージへ。
6.over140。その下。
7.石の家の前にピエロがいる。
8.季節外れののぼり。トンネルをくぐると。

問題の1.2.3.4.6.7についてざっくりと予想を立てる。

1. 「白い谷」=「ホワイトキャニオン」だろう。
2. 「クレイジーヒュー」と「クレイジーストン」のことだと思われる。
3. 「太陽の広場」近くに大きな犬のオブジェがあった。
4. 遊園地でまわると言えばおなじみ大観覧車。気がつけば営業終了後なのに動いてるし。
5. 40分経過まで後回し。
6. 園内で「ループコースターMOMOnGA」だけ唯一身長140cm以上の制限付き。
7. お土産屋に「ストーンハウス」ってところがある。
8. ?

大体の行き先が決定。30分くらい経ったらオープンシアター脇にある「極楽門」に集まることにして、3人ずつに分かれて情報収集開始!

俺らはマップ的に右(ホワイトキャニオン側)に移動。ふと見ると昼間は営業中止の看板がおいてあって奥に行けない(ような気がした)通路が解放されている・・・。大勢の人波に流されながら移動すると一番奥にこんなパネル発見。

1.白い谷

どうやら各所に散りばめられている同じようなパネルを見つけ出し、問題用紙の右にあるマスを埋めていくのが最初の作業みたい。続いてお隣にあるクレイジーヒュー&クレイジーストンへ向かう階段に移動。

ここでも階段の前に多数の人だかりが。行ってみると赤いつなぎを着たスタッフが入口を塞いでいる。今は入れないみたい。リアル脱出ゲームには何回も参加しているにもかかわらず「きっと後で来るんだろう。」と言う考えにすぐに至らず、集団心理に負けて取り敢えずヒューストンの看板を激写w

2.ヒューストン・・・?


お次はループコースターMOMOnGAへ。アトラクションの下で先ほどと同じようなパネルを発見。(参加していたどこぞの子供も一緒に激写してしまったので、多少左下を加工しています^^;)

6.over140


移動中、8.の「季節外れののぼり」に気をつけながら歩いていたんだけど該当しそうなのぼりは全く見つけられず。そもそも昼間に歩き回ったときに「トンネル」らしき場所を通った覚えがない。隅から隅まで歩き回ったわけではないから行ってないところにあるのかもしれないが・・・。

仕方なく一度集合場所の「極楽門」へ移動。向かいながら問題用紙下に書かれている記号のような暗号についても考えてみる。左から順番に重なった部分を消してみたりもしたんだけどうまくいかず。うん、全く判らん。


最有力候補

実は集合場所に決めた「極楽門」(オープンシアターEASTのすぐお隣)には昼間にはなかった白い仮設テントが2つ。オープンシアターの奥の方へ進む道を防ぐように設置されていた。最後の成功者お披露目演出とか考えても、やっぱりここが最後の場所だよね。明らかに怪しいし! と思いつつ今は目の前の問題に集中集中。

新しいヒント

もう一方のグループが途中で8.の場所も無事発見(9月なのにクリスマスののぼりが立っていた)し、集まった情報をそれぞれ交換し合う。7.(ストーンハウス)は2.(ヒューストン)と同じようにスタッフが立ちふさがっていて近づけなかったみたい。

3.ランドドックの先  4.ひとつの光  8.季節外れ


何となくキーワードが集まりつつあるけどまだ足りない。時間的にそろそろゲーム開始から40分経過して5.のヒントが出される時間が近づいてきたので揃ってオープンシアターに移動。ステージの最前列に陣取り時間を待っていると徐ろに加藤さん登場。そして公開される5.のヒント。

5.40分後に


まだ判らない謎が2つ(2.と7.)残っているけどマスに埋めるヒントはほぼ集まった。集まったキーワードは以下の通り。


これらを眺めているとメンバーから「判った!」との声が。どうやらこのキーワードを問題用紙右側のマスに埋めると文章になるみたい。いつもやっている積み木のパズルと似たようなものか。実際に手を使って埋められない分、多少難易度が上かも。(どうやらここで方眼用紙が役に立つらしい。持ってないけど。)

で、実際に埋めてみたのが下の図。(判りやすいように不要な線は消してます。)


更なるヒントを求めて

マスに埋まった上から右に文章を読んでみると「赤のつなぎにべろを出せ。黒のつなぎにピースしろ。」そして「14-22 M 23-26」。確か2.と7.の問題が示す場所にはそれぞれ赤と黒のつなぎを着たスタッフが道を邪魔してた!
はやる気持ちを抑えつつ、また先ほどと同じように3人ずつに分かれて情報収集へ。ヒューストンの階段前に行ってみるとやっぱり人だかりが。みんな移動早すぎ。というより、もしかしたらチームを分けてあらかじめ怪しいところでスタンバイしていたのかもしれない。見てみるとスタッフに何かを見せて階段を上り始める人がいる反面、階段前で悩み続けている人達も。

悩んでいる人の脇をすり抜け、赤いつなぎの人に「べろ」を見せて無事通過。ヒューストンの乗り場に行ってみると今までとは違う新しいタイプのパネルを発見。

なんじゃこりゃ?


パネルを写真に撮り、急いで(走らずに)「極楽門」に再集合。やっぱり最初に撮ったヒューストンの看板は全く関係なかったな^^; 集団心理ってコワイネ。
もう一つのチームはどうやらストーンハウスの前にいたピエロから紙のヒントがもらえたみたい。謎解き方法に繋がる書き込みをしてしまったので自作の画像で。


えっ?

ヒューストンに向かった俺達よりもストーンハウスに向かったチームの方が距離的に近かったので先に「極楽門」に着いていた。そして待っている間にそこで信じられない声を聞いたらしい。

 スタッフ:「いま2名脱出しました。」

・・・はい? まだ始まってから60分足らずしか経ってないんだけど。もしかして俺らすごく遅れてる? ヤバイのか??

六人寄れば・・・

さて、みなさんはこれまでの情報、そしてストーンハウスとヒューストンで新しくゲットした2つのヒントから暗号を解読することが出来たでしょうか・・・。


メンバーが6人もいるとそれぞれが個別の閃きをして問題を撃破していく。
まずはさっきの「ベロ&ぴーす」キーワードの残りの部分。文章の下に現れた数字とアルファベットの文字列。そしてヒューストンでゲットしたヒントに書かれていた同じような文字列。

 14-22 M 23-26 10-21 F-22 23-29 8-21

茶封筒に入っていたガイドマップを見ていたメンバーがマップ上に書かれているアトラクションに振られている番号が最大30までな事に気づく。そしてこちらの数字も最大29。
数字&アルファベットに従ってガイドマップ上の数字&アルファベットを結んでみる。が、付属の筆記用具だとほとんど線が書けない・・・。「あぁ、ここで油性ペンが活躍するのねー。」などと思いつつ結果こんな形に。(実際にマップ上に線を引いたものはこちら f:id:Sapphire:20100927213411p)


問題用紙の右下にある記号と似たような形だね。うん。


ひとまずこの図形は置いておいて問題用紙右下に書かれている謎に挑む。新しくゲットした2つの情報を見ると、どうやら記号と文字を重ねて考えるみたい。
ヒューストンでゲットしたヒントを見ると、9つの領域に分けられた四角形が4つあることがある。しかもそれぞれの領域はよーくみると同じ模様になっている場所は1つもなく、それぞれ別の形状をしている。(説明が判りづらくてごめんねー。書き込みをした写真を見た方がわかるかな? f:id:Sapphire:20100927200244j)
2つのヒントを重ね、各記号が示す位置にあるピエロヒントの文字を順番に読んでみると・・・。

ソラモンデウインクシロ

ソラモン・・・。空門。入口のスカイゲートか!よし移動だ!!

ちょっと待ったーっ!

暗号が解けたことに上機嫌になって急いでスカイゲートに移動する俺ら。でもさっきガイドマップ上に浮かんで放置した記号が気になる。移動しながらさっきと同じように読んでみると・・・。

ニ・・・メ・・・イ?

「ニメイ」だ!だから最初に加藤さんは「1人で来た人居ますか?」って聞いたんだ。次のヒントはもらった! とメンバーの2人に代表で行ってもらったら、何故か速攻帰ってきた。

 「一人ずつって言われたぉ(´・ω・`)」

なんだってー!ここでまさかのミスリード?もう一度ヒントを見直す・・・。
あっ「ニイ」じゃない「ニイ」だ。スタッフに向かって2回ウィンクするんだ!慌てていたせいで見る場所間違えたorz

京都の「夜の学校からの脱出」に続き、今回も色々とギリギリなウィンクを女性スタッフにばちこーんと2度かまし小さな紙をゲット。(確かにウィンクは後ろから見ていてもバレにくいんだけど、苦手な人には辛いんだよねー。)

最後の謎か?!


渡された小さな紙。恐らくコレが最後のヒントだろう。はやる気持ちを抑えてまずは落ち着いて考えられそうな場所に移動。この時点で残り時間は奇跡的に30分弱。あり得ないくらい余裕の時間帯。
ゲーム開始60分後という事で、ふと横を見ると「太陽の広場」で謎解きが進んでいない人たち向けに加藤さんがヒントの解説中。「こっちはもう最後のナゾだぜ!脱出はもらったな!」 (どう考えても脱出失敗フラg(ry

最後の謎に挑む

紙にはアルファベットとなぞなぞのような文章。恐らく1行目は【最後の場所】を、2行目はそこで取るべき【アクション】が書かれていると予想。
1行目には脱出ゲーム開始前から探していた太陽と月のマークが。その間に"HLM"があるから、そのアルファベットが最後の場所を示しているんだろうか。一応左から順にアルファベット順に並んでいるみたいだけど・・・。
ひとまずさっき「ニカイ」のキーワードを出した時みたいにガイドマップ上の"HLM"の場所を線でつないでみる。形的にはV字の形。ストーンハウスでピエロにもらったヒントと照らし合わせてみると「デ」か。

・・・(´・ω・)で?


やばい。全く判らない。マップ上で結んだ形の真ん中を探してみても場所が曖昧すぎて「絶対にここだ!」っていう確証が持てない。



諦めてもう一つのナゾ。「馬から下に読め」。遊園地で馬と言えばメリーゴーランド。早速近くにあったメリーゴーランドの周りを回りながら何か情報がないか探す。でもこの場所はこれまでにも何度も近くを通っているし、今更新しい情報があるとも思えない。それによく見るとこのメリーゴーランド、実は半分は馬じゃなくて犬。京王よみうりランドのメインキャラクターであるランドドッグだ。ここじゃない。

今までもらったアイテムに目を通す。「ウ」の文字はピエロからもらったヒントにあるけど「マ」の文字は見当たらない。

「誰かーっ!馬、ウマ、Horse知りませんかー!」

と、流石に叫びはしなかったものの一向に見つからない馬に焦りがつのる。 ふと見た最初にもらった茶色の封筒。「夜の遊園地からの脱出」の一番最後に馬の絵が。これか?「馬から下に読め」だから取り敢えず「夜の遊園地からの脱出」を逆に読んでみる。「つゅしっだ」・・・途中で断念。遠目に見ると赤いところがやっぱり怪しいからその形を例の図形と合わせて読んでみるけど、それでも言葉にならず。うーん。うーん。

もう一頭発見

問題用紙の左下。さっき「ソラモンデウインクシロ」の暗号を解読した記号列の左側に茶封筒と同じようなロゴが。そしてそこにも馬の絵が描かれているんだけど、茶封筒(右上45度にびょーんと飛んでいる)と違って向きが完全に縦を向いてる。「馬から下」もしかして馬ってこいつか!?

【最後のナゾ(Action)】
 問題用紙を縦にして、再度先ほどと同じ方法で記号を読み取っていくと「ナカニハイツテアクシユ」となる。 (f:id:Sapphire:20100927005305p)

来た!これは間違いない。後は1つめの【最後の場所】だけ。これさえ判れば脱出だ!

「残り時間10分です」

そうこうしているうちにいつの間にか園内に流れ始めるいつものBGM。最後のヒントをもらったときはまだ30分近くも時間があったのに・・・。
最初に思いついた"HLM"をガイドマップ上で線で結んでからというもの完全に思考停止。それ以上の思いつきが出てこない。一度スカイゲートに戻って握手をしたら何か変わるかもと思って行ってみたけど笑顔で拒否されるし。ヤバイ!ヤバイ!!


仕方がなく【最後の場所】の暗号が完全には解けていないものの、ガイドマップの図形がなんとなーく示していそうな場所、そして最初から怪しいと思っていた「極楽門」横のテントへ全員で猛ダッシュ。そして周りを見ると同じくその方向へ駆けていく大勢の参加者。テント前に近づくと明らかな行列か。謎は解けていないけどやっぱりここらしい。間に合うか!?

残り1分

列に並んだ時点で残り1分ちょっと。列の長さを考えればギリギリかもしれない。前の方を見ているとテントから戻ってくる人もちらほら見られる。俺達とは逆で場所は判ったけど取るべきアクションが判らなくて追い返されたのかもしれない。
少しずつ近づいてくる順番。時間的にはかなりギリギリ。もしかしたらタイムアップ時点で並んでいれば、最悪1回の挑戦はさせてもらえるかもしれない。アクションについては間違っていないはずなんだ。中に入ることさえ出来れば!!

そして・・・

テントの入口2mくらい手前で無情にもタイムアップ。そして敢然とテントと参加者の間に立ちふさがる加藤さん。

 加藤さん:「時間切れです。オープンシアターに戻ってください。」
 俺ら:「ぎゃーっ!間に合わなかったー! orz」

もうちょっとのところで脱出出来なかった悔しさと、最後の暗号については完全に解けていなかったために脱出出来ても満足できなかったんじゃないか?と言う複雑な思いを巡らせながらすごすごと最初に集まったオープンシアターに移動。

ネタバレと解説

ぞろぞろと集まってくる参加者達。ざっと周りを見た感じだと最初の頃に比べて一ブロック分くらい空きがある。恐らく脱出に成功して、今あの舞台裏でお披露目のタイミングを待っていることだろう・・・。

集まった人達の会話を聞いていると、スカイゲートのウィンク2回をクリアして最後のナゾまで行った人は結構居るみたい。ただやっぱり【最後の場所】の解き方が判らず、俺達と同じようにガイドマップ上の"HLM"を元に色々考えてみたけどスッキリ行く解答が出なかったもよう。さてどう解くのか・・・。


舞台に登場した加藤さん&ピエロ(ウォーリーだったのかな?)が今回の謎解きの解説。最後のナゾに行き着くところまでは特に俺らの解き方は問題なし。そして唯一解けなかったあの【最後の場所】を示す暗号。

 加藤さん:「このアルファベットは最後の場所を示しています。」
 加藤さん:「よーくこのアルファベットを見てください。何か共通点に気がつきませんか? そう、これらはすべて「エ」で始まります。」


 俺:「・・・
 俺:・・・あ。


 俺:アーーーーーッ!!



 加藤さん:「太陽がF、月がNをそれぞれ示しています。」
 加藤さん:「そしてマップ上のFとNを結んだ線の中点、そう「極楽門」横のテントに入って握手した人が脱出成功者です!(f:id:Sapphire:20100927213410p)」

まさに「膝から崩れ落ちる」とはこのこと。理由がか判らない方はこちらのレポートをご一読いただきたい。


d.hatena.ne.jp


俺、この問題修学旅行のバスで解いたじゃん・・・。しかもその後も1000人の宝探しでも同じ問題が出てて「全く同じ問題だ。使い回しかよw」なんて言ってたじゃん!!「リアルナゾトキゲーム」や前回の「二重密室から脱出せよ」の解き方を見て。「同じネタ使うのは2回までだよねーww」なんて言ってました。ごめんなさい、本当にごめんなさい。私が悪かったですorz


その後、舞台には恒例となりつつある脱出成功者達のお披露目が。その中には「密室謎解きバラエティ 脱出ゲーム DERO!(デロ)」の管理人の友達である南海キャンディーズの山ちゃんの姿が。思わずネタゲットのためにステージまで走っていって写真撮っちゃったけど、別にここに載せる気もしないし。うん、まぁ今となってはどうでもいいや・・・。

出口(スカイゲート)へ向かう途中、ろじぱらのワタナベさんご一行と遭遇。期待を裏切らず今回も脱出に失敗したもよう(6連敗?)。聞いたところ「彼ら以外絶対に犯していないであろうミス」をしたらしいので、ろじぱらのレポートにも是非アクセスを。→ろじっくぱらだいす(Logic Paradise) 〜logipara.com〜

      

そういえば昼間遊園地内で会った姉妹(修学旅行生)からは「かわいそうな人」を見る目で見られたような気がする。うん、俺泣かない。夜の遊園地は本当に綺麗でしたよ。

まとめ

悔しいの一言。はっきり言って修学旅行生には顔向けできない状態。多少の違いはあったにせよ一度やった問題に気がつけないようでは話にならない。

今回は京王よみうりランドと言う場所を上手く使った脱出ゲームだったと思います。(脱出出来ていないのに上から目線。) 次回は東京リアル脱出ゲームvol.7「あるスタジアムからの脱出 -9回裏に起こった奇跡-」が12月23日(祝)〜26日(日)予定されています。(既に公式ページ*2で情報公開済み。) 何としても参加したい!次回は絶対だっしゅほーいするぞ!