徒然なるままに

脱出系ゲームのレポートや日々の戯れ言を綴るブログ。

京都リアル脱出ゲーム番外編「終わらない修学旅行からの脱出」 参加レポ1 (出発〜ホテル到着)

スポンサーリンク

6月19日に開催された東京リアル脱出ゲーム番外編「終わらない修学旅行からの脱出」に参加してきました。京都でやっている京都リアル脱出ゲームシリーズ「夜の学校からの脱出」とは違って、1回開催かつ既に終了済みなのでネタバレ含めて書きたいと思います!

ちなみに3年A組、旅行生名簿No.46。忍者屋敷で手ぬぐいGetした者ですw

※注意※

  • 曖昧な記憶のまま書いているので、一部内容が実際と異なるかもしれないけどご了承をー。
  • 実際のアイテムは後日公式ページに画像付きでアップされる(かもしれない)ので、そちらを見てくださいねー。
  • 問題用紙については一部Web上で見やすいように加工してます。元々の用紙は白黒です。

◆その他レポートはこちら



はじまり


普段の土日よりも少し早めの朝7時に起床。本日は待ちに待った「終わらない修学旅行からの脱出」の日。若干雨が降りそうな曇り空の元、前日に何となく済ませた荷物とビニール傘を持ち、いざ集合場所の新宿へ!



到着

10:50集合予定だった新宿センタービル前に着いたのが10:00頃。若干場所が不安だったので早めに出たんだけど、どうやら流石に早すぎたもよう。
俺が着いた頃はまだバスが1台止まっているだけで参加者っぽい人も余り見受けられず。もしかして他の場所なんじゃないかと思ってセンタービルの周りを一周してしまった。

時間が経つにつれてそれっぽい人たちが集まり始める。どんな感じの人たちかはご想像にお任せしますw 今回のイベントには単身乗り込んだので知り合いもおらず、ぼーっと様子を眺めているうちにスタッフのお姉さんが出席確認&バスの席順決めのくじ引き開始。バス2台にそれぞれ男子14人、女子11人ずつ分かれて乗車。俺が引いたのは3年A組のH1席。最後尾の列で簡単に説明するとアホの席でしたww

期待に胸を膨らませながら乗車。俺以外にも一人で参加している人も結構多かったみたいで安心。年齢層は思ったよりもばらばらかな。自分は確実に上の方だったけど。

いざ出発!

ちょっと予定が遅れて11:20頃いよいよ京都へ出発です。
担任である三好先生の挨拶の後、バスの中ではお約束の自己紹介タイム。お題は「名前、リアル脱出ゲームの参加歴、成功回数、これまでで一番好きな謎。」

みんなの自己紹介聞いていると「何回も参加してます!今回で5回目です!」的な人と、「前回初参加ではまりました!今回2回目です!」的な人の2パターンが大半だったかな。自分は完全に後者のパターンです。自己紹介中に何となく気になるひげを生やした男性が。見た瞬間「ん?」と違和感のようなものを覚えたので自分の自己紹介中に試しに聞いてみたら、何と前回のリアル脱出ゲーム「マジックショーからの脱出」で同じチームになった人でした!

世間は狭いというか、再会すべくして再会したといった感じでしたね。前回話を聞いたときもすごく謎解きが好きそうで、確か初回以外全部参加してるとか。しかもマジックショーのレポ(id:Sapphire:20100507)にも書いたとおりすごく頭良いんですよ。うらやましい。

カードゲーム大会

京都への道中、バス最後部のサロンに集まってゲームやりました。
参加者の中にカードゲームが好きな人が居ていくつか持ってきてくれていたんだけど、どれも初めて聞くものばかりでカードゲーム初心者(というか一般人なら殆ど同じかな?)の自分にはびっくりでした。何と言っても定番中の定番であるトランプが出てこないんだからw 実際にやったのは「クク(CUCCO)」、「そっとおやすみ」、「人狼(wikipedia:汝は人狼なりや?)」などなど・・・。どれも戦略がものを言うゲームで頭使った。普通にトランプやるよりも全然面白かったので、今度会社でボードとか行くときに持って行きたい。ジェンガより場所取らないしね。

脱出ゲーム開始

途中で足柄SAに寄って昼食を食べ、ちょうど眠くなってくる頃いよいよ修学旅行のメインイベント脱出ゲームの開始です!

【ルール】
・問題を解けないと修学旅行から脱出できない。
・バスの中の誰か1人でも全て解ければ脱出成功。
・周りの人と相談しながら解いても良いし、全て独力で解いてもOK。

実は参加前に配られていたしおりの最終ページに既に解答欄と問題の一部らしき記載が書いてありました。

【解答欄】
 1 □□□     1 う
 2 □□□□      2 び
 3 □□□□    3 た  6 そ
 4 □□□       4 じ  7 ぱ
 5 □□□     5 と  8 い
 6 □□          9 ん
 7 □□□         0 お
 8 □□□

参加前にも色々と考えてみたものの、情報が少なく考えても何も浮かばなかったので放置してたけどついに出番です。
解答欄から察するに8問の問題が出てキーワードを埋めていってと言う典型的な流れっぽいけど右側の文字は問題の途中で使うのか現時点では謎。

さぁどこからでもかかってきなさい1問目!f:id:Sapphire:20100619133702j

問1

ac









k




g
p
x


t
h








pn







w




l



r












f
fk


a
こたえ:                      

座席の後ろから配られてくる問題用紙。

 先生:「はい、始めてください。」

食事を終えてさっきまで声が飛びかっていたバス内が一瞬で静寂。
・・・え?問題文は?説明は??

最初から苦戦・・・

【13:35 第1問開始】
どうやら先生のお仕事は問題用紙を配ってそれで終了のご様子。さっさと後部のサロンに移動して解答待ち。

最初の問題からいきなり解決の糸口が見つからず時間だけが経過していく。アルファベットを順番に並べるにしては数も多いし矛盾も。1つおきとか間を飛ばしてみても駄目。若干並んでいるところを凝視しても単語らしいものは思いつかない・・・。

そんな中ちらほらと解答し始める生徒達。若干焦るw
10分ほど悩んだ後、ふと1列(真ん中のブロックの右から3列目)だけ2つのアルファベットが書かれている事に気がつく。上から順番に見てみると「○→t→○→○→w」。 ・・・あっ!「s→t→u→v→w」だっ! 他の列も試しにアルファベット順になるように上から当てはめてみると、真ん中の行に「ICE YOMIURI DISNEY」のキーワードが。

問1 答え
 各列に対してアルファベット順になるように埋めていくと3つのキーワードが現れる。
 それらに関連する言葉を連想して答える。 →A.ランド

一番右の列だけ若干特殊で、一番最後にaがあるから「x→y→z→a」っていう感じでループさせないといけない。3つのキーワードを見てぱっと答えが思いつかず、「ねずみ」と書いて先生に×をもらったのはここだけの秘密。
【13:47 第1問クリア!】

おや?

【13:47 第2問開始】
問題を解くと先生が2問目の問題用紙をくれた。f:id:Sapphire:20100619134811j

問6 空欄に入るアルファベットは?

 A F H L M N □ X

こたえ:                      

 俺:「あれ?2問目ですよね??」
 先生:「ええ、それでいいんですよ。」

2問目のはずなのに何故か渡される問6の問題用紙。先生に聞くとこれで良いらしい。釈然としないものの問題に集中する。

・・・。
ごめんなさい。謎解きあまり得意じゃないんですorz
こちらもこちらで全く解ける気配なし。ぱっと見てまず「アルファベット順に並んでるな−。」と思い、Aから順番に数字を当てはめてみるが成果無し。飛んでる数字を数えても見たけど、途中にLMNと続いている部分があるから関係なさそう。April/February・・・んー関係ない。 そんな時、解けたとおぼしき人から聞こえてきた台詞。

 誰か:「何だ、難しく考えすぎた。」

ナンデスト。この問題はそんなに単純なのか。考え方を変えてみよう。
「AFHLMNX、AFHLMNX、エーエフエイチエルエムエヌエックス・・・」 む? むむ?? 「エー、エフ、エイチ、エル、エム、エヌ、エックス」 これはっ!

問6 答え
 並んだアルファベットから共通点を探し出し、空いているマスにアルファベットを埋める。
 どのアルファベットも読み方が「エ」から始まるので、残る1つの「エ」から始まる文字が答え。 →A.S

【13:56 第2問クリア!】

既にヘトヘト

【13:56 第3問開始】
開始からまだ20分くらいしか経っていないのに既にかなりの疲労感。これが後6問も続くのか。
次に渡された紙にはこんな問題が。

問2 △○□×は?

16×


1213

151


11
   ・たてよこななめをたすと34
   ・おなじもじははいらない


こたえ:                      

ちょっと捻ってはあるけれど、普通の魔方陣の問題みたい。0やマイナスを使わないと解けないかとちょっと思ったりもしたけど、そんな事もなくこの問題については楽々クリア。

問2 答え
 ルールに従い魔方陣を解けばOK。 A.8649
  (恐らくしおりにあった数字と当てはめてイソジンがキーワード)

【14:01 第3問クリア!】

もうすぐ半分

【14:01 第4問開始】
自分の解きやすい問題だったのでちょっと精神的にも回復。ところが・・・次に個人的には今回最難度だったと思われる問題が・・・。f:id:Sapphire:20100619140648j

問5
16.の  28.じ  7. に  2. い  13.ね  4. う  25.か
9. に  1. た  23.し  21.ん  27.と   2. く  18.が
22.こ  4. つ  1. と  17.さ  11.く    5. ゆ  29.?
3. さ  20.ん  26.ん  6. う  3. ぴ  19.り  12.お
10.い  8. は  15.ど  14.せ  24.れ  30.ゆ  5. き
                                   2009年11月土曜日から


こたえ:                      

再びやって参りました。問題文無し問題。何を答えるのかさっぱり。
右の方に1カ所?があるからそこに当てはまるひらがなを答えるんだろうか。「2009年11月土曜日」っていうヒントもあるけど、そのときに何があったかさっぱり思い出せない。つい半年前の事なのに。鳩ぽっぽってその頃出てきたっけ?? うーん・・・。


わっからーん!!


どれだけ考えても何も出てこなかったので、何か思いつくかもしれないと思ってXperiaで2009年11月のカレンダーを見てみる事に。・・・ふむ。11月は7日が土曜日だったのね。あとは14日と21日と28日か。ま、7日ずつずれるから当たり前だけど。

あれ。先月は29日が土曜日で、当然その前は22日、15日、8日だよな。「29, 22, 15, 8」って「?こどは」。「はどこ?」、「は何処?」かっ!これ土曜日の日付を2009年11月から順番に並べるときっと問題文になるんだ! とここまで気がついては見たものの、なにやら問題には数字が被っているところがいくつかあるんだよね。2とか4とか。それに色が付いている(実際は色が薄い)文字もあるし。取り敢えず無視して並べてみよう。

小休憩

ちょっと気分が悪くなっちゃったひとも居たので途中のサービスエリアで20分の休憩。謎解きはいったん中断。そりゃ揺れるバスの中で小さな問題用紙を凝視してたら酔うよね普通。休憩時間を使ってちょいとB組に偵察に行ってみたところ、どうやらA組とは違う4問を解いているもよう。となると今解いている問題で最後か。

なるほどなるほど

【14:40 第4問再開】
並べてみたのがこんな感じ。

11月:にせんじ
12月:(きゆ)おりん
1月:(くい)にのしゆ
2月:うねんと
3月:うねんと
4月:(ぴさ)いされ
5月:(とた)はどこ?

括弧内は数字が被っててどっちだか判らない箇所。本当はちゃんとした問題文になるんだろうけど何となくこれらの文字列から類推して・・・

問5 答え(のようなもの)
 2009年11月から順に土曜日の日付を文字に当てはめていくと問題文になるらしい。
  (正確ではないのでちゃんとした解き方誰か教えてくださいorz)


 「問題文:2010年冬季オリンピックが開催された国の首都は何処?」 →A.オタワ

【14:44 第3問クリア!】


終わったーっ!
休憩中に入手していた情報の通り、バスごとにそれぞれ4問ずつで問題は終了。休憩を挟んで約50分の格闘。4問だけだったのに本当に疲れた。頭から湯気上ってたんじゃなかろうか。先生からご褒美の駄菓子の詰め合わせ袋(wを貰って席へ。

実は自分が全問解き終わるかなり前、正確な時間は忘れちゃったけどまだ2問目くらいを解いている時間に既に全部解いた人が居ました。その時点でバス内の全員脱出が決まったんだけど、みんな維持で最後まで頑張ってたw ちなみに早々に解いちゃったのは自己紹介の時に書いたひげの方。すごい頭切れすぎでしょ・・・。


ちなみにB組のメンバーが解いていた残りの問題の答えはそれぞれ↓でした。

 3:トビウオ
 4:ジェイ
 7:ドイツ
 8:ミダレ

試しにしおりの後ろにあった解答欄を埋めてみたけどさっぱり。今後何かに使うんだろうか・・・。

ホテルへ

残りの旅程もカードゲームしつつ、連想ゲームしつつ、お絵かきしりとりしつつ過ごし、18時半過ぎに京都のホテルへ到着。お絵かきしりとりで誰かが書いたコで始まりムで終わる言葉の絵は忘れられない事でしょうw

ホテルの前で集合写真を撮り、いざ中に入ろうとすると入り口に↓の看板がw これ普通の人が見たら何事かと思うよなww

「歓迎 終わらない修学旅行からの脱出 御一行様」


各自部屋に分かれそれぞれ本番までの短い時間をつぶす。各自と言っても修学旅行テイストを大事にするために1部屋10人以上の雑魚寝部屋w 19時にロビー前に集合していざ決戦の舞台となる「京都マンガミュージアム」へ! (徒歩でw (参加レポ2へ続く)